新自由狩猟クラブのご案内


当クラブは、
正式に団体の認可を受けましたので、
安心してご入会(ハンター保険も)頂けます。

平成29年度の募集(継続&新規)は8-15を持ちまして終了しました。

申し込みを頂き有難う御座います、この場を借りましてお礼申し上げます。

今年度は終了しましたので、メールや御電話でのお問い合わせにはお応え出来兼ねます。
返信メールもお送りしませんのであしからず。

会員の方はメールアドレスや電話番号を差し上げてますので、
そちらにはお応え致します。

尚 来期(平成30年度)の件を聞かれましても未定です。

付帯証明書は順にお送りしてますので、届かない方は今しばらくお待ち下さい。
8-25頃には発送を終える予定です。

第2回分の8月に申し込んだ方は9月頃の発送予定です。

北海道を狩猟者登録の方へ、
「8月上旬までに付帯証明書を送れ」このお願いは無理です。
昨年は8-13に発送したので、今年もそれ位と思います。
団体保険なので足並みを揃えないと付帯証明書が出ません。

会員の皆様は今年も無事故・無違反をお願いします。

新規入会の方は所定審査をさせて頂きます、
申し込んでも直ぐには入会は出来ません。
御入会頂けない際も有ります事をご理解下さい、
尚 入会不可の理由はお答えが出来ません。

会員の方でも、
当クラブより見解の相違と判断されましたら退会して頂きます。
その際は他のクラブなどを各自でお探し下さい。

XX会の会費が価値観の違いで重荷に成り、
その為に当クラブをご利用をお考えの方は入会をご遠慮願います。

官公庁への書類作成や提出はご自身に成ります、
また狩猟免許の管理(有効期限など)は自己責任です。


猟銃の免許も初めて取得、また狩猟免許も初めて取得の方は、
大変申し訳ありませんが、最初の年はXX会に属して一通りの事を学んで下さい。
それで単独猟が出来る自信が付いて来ましたら当クラブへお問い合わせ下さい。

狩猟者登録の際に、申請方法が分からないので保険屋さんへ電話を掛けて聞いた方が昨年も見られました。
この様な方はXX会に入会した方が無難です。保険屋さんよりクレームが来ますので止めて下さい。

平成29年度の改正点

改正銃刀法により、狩猟前の射撃の練習に係る努力義務が謳われてます
銃刀法第10条の2
その為に当クラブでは、平成27年より最低でも100発(散弾銃の場合)をお願いしてます。

ライフル銃、スラッグ銃は25発。

空気銃は、下記の2点が必要です。
1. 射撃場での施設使用料領収書
2. 銃砲店より弾を購入した際の控え

平成27年分より新規加入の方は、
標的射撃のスコア表を画像にてお送り頂く事をお願いしてましたが、
昨年から入会前にスコア表をご提示頂き入会の審査に入らせて頂きます。

スコア表、空気銃での必要書類は、平成29年に限ります。
昨年の物は無効です。

会員の方はこちらでランダムに選択致しますので、
選ばれた方はお手間をお掛けしますがスコア表を画像にて提出願います。
未提出の際は、今年度の加入は出来兼ねます。

尚 昨年スコア表を提出をお願いして未提出の方は、
今年度の加入は出来兼ねます。

未提出の理由が、忘れていた、多忙だったなど、見苦しい言い訳は耳にしたくありません。

技能講習の25発(散弾銃の場合)、教習射撃は練習に入りません。

当クラブの標的射撃練習とは、
所持許可が出て、弾の譲受を受け、射撃場に出向き標的射撃をする事です。


当クラブは、狩猟が目的で有害駆除は目的外です。

既得権益が絡むので個人での有害駆除は道険しです、
社団法人を立ち上げるなどが必要に成ります。

有害駆除目的で当クラブの入会はご遠慮ください、
尚 ご自分で社団法人を立ち上げた方はこの限りではありません。

年会費のご案内
(ハンター保険も含まれます)

今年度より2つのパターンをご用意しました、
会員の皆様はお好きな方をお選び下さい。

どちらの方でも狩猟者登録の際に必要な要件を満たしてますので、
問題なく狩猟者登録が出来ます。

平成29年分は終了しました

平成29年分の最終締切は8月15日(会費納付期限も同日)に成ります、
それ以降の入会は大変申し訳ありませんが出来兼ねます。


納付期限(7/31)を過ぎてからの入会は、
追加料金\500を頂く事に成ります。


当クラブの会議の際で、
納付期限を守った方と守れない方を同じ扱いでは不公平では?
と言う意見が多々ありました。

また期限を過ぎますと、
その度に手続きをするので事務負担がカナリ生じます。
この旨をご理解頂ければ幸いです。

当クラブにメールをお送りした方には基本的にお応えしてます、
しかし2日〜3日過ぎてもメールが来ない際はメールアドレスに問題が有る様です、
その際はお手数ですが当クラブまで営業お時間内にご連絡願います。

その中に、お問い合わせ内容欄が有りますので、
そこへ「新自由狩猟クラブ入会希望」と簡単なプロフィールを記して下さい。

下記の方は当クラブよりメールをお送りしましたが届きません、
お手数をお掛けしますが当クラブまでご連絡をお願いします。

入会希望をメールした日にち お名前 備考








想定外の入会希望で意味不明の方も多々居ります、
大変申し訳ありませんが宜しくお願いします。

ただ単に「ハンター保険、狩猟保険」と記されても、
こちらとしては対応に困ります。

何度も記しますが、簡単なプロフィールを記して下さい。


<例>
散弾銃所持歴はXX年で、
狩猟歴はXX年です。

主に単独猟で鳥類の狩猟をしてます。
クレー射撃は年にXX回程で、XX発位を消費します。

昨年の標的射撃回数はX回で、
消費弾はXXX発でした。

狩猟者登録は毎年してます、

この様な感じで結構です。

こちらより詳細を記したメールをお送りしますが、
2日を経てもメールが来ない際は、パソコン及びスマートフォンの設定でブロックされてます。
若しくは迷惑メールと判断され迷惑ホルダーに入ってます。

今年度は終了しましたのでお電話での問い合わせも終了させて頂きます。

御電話のお問い合わせは、
AM11:00〜PM7:00の間にお願いします。

時間外のお問い合わせは対応が出来兼ねます。


その際は
必ず「新自由狩猟クラブの件で」を仰って下さい。


納付期限が7月31日までの際は下記の通りです。

Aセット
賠償責任保険(1億円)と傷害補償(300万円)がセットに成って、
こちらは年会費\5,510に成ります。
内訳は保険代\4,440、年会費(事務費)\1,070です。


Bセットは
賠償責任保険(1億円)だけに成り、
こちらは年会費\3,410に成ります。
内訳は保険代\2,340、年会費(事務費)\1,070です。

昨年は想定外の入会で団体扱いの保険料が適用されました、
しかし今年度も昨年同様に成るかは分かり兼ねます。

仮に団体扱いに成った際ですが、
差額分は新自由狩猟クラブの運営費と予備費に充てますので、
ご返金は出来兼ねます事をご理解頂ければ幸いです。

参考までにAセットで\210、Bセットで\120でした。
会員皆様のご理解を宜しくお願いします。
納付期限が7月31日を過ぎた方は下記の通りです。

最終締切は8月15日です、
それ以降の入会は大変申し訳ありませんが出来兼ねます。


Aセットは、\6,010に成ります。
賠償責任保険(1億円)と傷害補償(300万円)がセットに成ってます。
内訳は保険代\4,440、年会費(事務費)\1,570です。

Bセットは、\3,910に成ります。
賠償責任保険(1億円)だけです。
内訳は保険代\2,340、年会費(事務費)\1,570です。

付保証明書(保険証書に替わる物)はレターパックライト(受領印無しで郵便受箱へ配達)でお送りします。
追跡調査が出来て少なくても紛失の不安からは解消されます。

普通郵便ですと配達事故が起きた際は何も保障が有りません。

会費のお支払方法ですが、
銀行振り込みの他に郵便振替もご用意しました。
会員様でお好きな方法をお選び下さい。

送金先や振替先は、
御入会案内の際にお知らせします。

郵便振替ですと、
振替手数料は、窓口の場合\130 郵便局ATMからですと\90で済みます。
銀行の送金手数料より割安です。

尚 郵貯に口座が有りますと、
郵貯→郵貯の振替(電信振替)料金は月3回まで無料ですが、
郵貯ダイレクトは従来通り5回まで無料です。
入会資格

当クラブは、狩猟が目的で有害駆除は目的外です。

既得権益が絡むので個人での有害駆除は道険しです、
社団法人を立ち上げるなどが必要に成ります。

有害駆除目的で当クラブの入会はご遠慮ください、
尚 ご自分で社団法人を立ち上げた方はこの限りではありません。

御入会の際に審査をさせて頂きますので、
入会不可の際も有ります事をご理解下さい。
尚 入会不可の理由はお答えが出来ません。

会員の方でも、
当クラブより見解の相違と判断されましたら退会して頂きます。
その際は他のクラブなどを各自でお探し下さい。

近年は初心者(初めての狩猟者登録)の方の入会問い合せが多数あります。
狩猟者登録をすれば法的には何ら問題は有りませんが、
最初の年はXX会に属して、狩猟を熟知した方と同行をして頂き一通りの事を学んでから、
単独猟をしては如何でしょうか?

当クラブとして、初心者の方は狩猟を熟知した方との同行をお願いしてます。

1.自然を愛し、
2.法を遵守し、
3.狩猟の趣味を持つ者、または狩猟を志す者、
4.狩猟前に標的射撃を最低でも100発出来る方

経験(初心者の方は狩猟を熟知した方との同行)、年齢、性別、地域は問いません。

基本的にメールでの連絡に成りますので、
その旨をご理解下さい。


今現在当クラブの会員数は50人位まで増えました、
某団体と見解の相違が生じて当クラブに入会されてます。

猟期前の標的射撃は、事故防止と射撃技能向上の為です、
必ずお願いします。
改正銃刀法により、銃刀法第10条の2で謳われてます。

今までは紳士的ルールでスコア表を求めませんでした、しかしそれを逆手にとり虚偽申請の方が出て来ました。
今期からはこちらでランダムに選択致します、
選ばれた際はお手数ですがスコア表を画像にて提出願います。
未提出の際は今年度の加入は出来兼ねます。

狩猟もご自由に気の合う仲間と(単独でも問題ありません)お出かけ下さい、
当クラブと同行する必要は御座いません。

ハンター保険が目的だけで何もしない方はご入会をお断りしています。

他人に迷惑を掛ける方、自分が法律と言う方はご入会頂けません。
他を当たって下さい。

それから会員数に制限は設けていませんが、
業務に支障が出る際は新規会員の入会をお断りする際が有ります。
ハンター保険の内用

新自由狩猟クラブの保険内容は、
Aセットが、賠償責任は1億円、傷害は300万円と成っています。
Bセットが、賠償責任は1億円のみです。傷害は含まれていません。

賠償責任でカバー出来るのは、
☆狩猟中、誤って発射して、仲間のハンターにけがをさせた。
☆狩猟に同行していた猟犬が、他の狩猟者に噛みついてケガをさせた。等

傷害補償特約を付けますと、
狩猟または射撃場における射撃の目的をもって住居を出発した時から帰着する時までの行程中に、
日本国内において急激かつ偶然な外来の事故によち被保険者がケガをされた場合に保険金をお支払します。
具体例では、
☆狩猟中、獲物を追っている際に、足を滑らし転倒してけがをした。等

尚 狩猟者登録の際に賠償責任に入っていれば、
問題なく狩猟者登録は出来ます。

新自由狩猟クラブの会員は法を遵守するので事故は起こさないと思いますが、
万が一の際に上記の金額を設定しました。

これで足りない方は、当クラブではご入会が出来ません。

数年前ですと、個人でも保険会社がハンター保険を引き受けてくれたので、
ご自分で狩猟者登録も簡単に出来ました。本当にアノ頃は良かったな〜です。

しかし、いつの間にか個人でのハンター保険が終了しました。
と言うより保険会社は個人での引き受けはしてくれません。

また、狩猟者登録の際に万が一の際に十分な補償(確か3千万円?)が無いと、
県では狩猟者登録を受け付けくれません。
そうしますと個人での狩猟者登録はほぼ100%不可能です。

「え〜っ、それじゃ狩猟が出来ない」とお嘆きの方が沢山居られます。
困りますよね〜、唯一の楽しみを奪われて・・・

同じ趣味を持つ者が集まり、堅苦しい規則に縛られず、楽しく狩猟をしたい。
そして立ち上げた団体が新自由狩猟クラブです。
よく有る質問

狩猟免許の管理(更新時期など)は、自分で管理しなければいけません。
何でもして頂けるXX会とは異なります、
キツイ事を申しますが、その様なサービスを求む方は従来のXX会をお勧めします。


Q1.
狩猟者登録の際は、個人で簡単に出来るものでしょうか?

答え
狩猟者登録用紙に必要事項を記すればいたって簡単です、
自分も余り頭は良く有りませんが、難しくは有りませんでした。
一度書いてみると、次回からはスラスラと書けます。

分からない際は、県の担当の方が教えてくれます
その際に低姿勢を取ると担当の方もヨリ親切です。

狩猟者登録は基本的に自分で申請用紙を用意する事に成ります。
それを住所地を所管する地域県民局地域農林水産部林業振興課へ提出します。

青森県の場合 第15号様式(第2条関係)に記して提出に成ります。
申請用紙は、こちらをクリック下さい。

その他の件はお住まいの県庁HPでお探し下さい。


Q2.
2つの県で狩猟者登録を取りたいのですが、

答え
狩猟者登録の際に狩猟免許の提示(原本とコピー)を求められます。
お住まいの県での際は提示すれば良いのですが、
お住まい以外の県で登録の際は狩猟免許を再発行してそれを郵送して提出に成ります。
尚 ご自分が書類を持参して出向く際は狩猟免許の提示(原本とコピー)で済みます。


Q3.
狩猟免許の更新は個人で簡単に出来るものでしょうか?

答え
これも思ったほど難しく有りません。
お住まいの県で林業振興課が有りますので、
そこへ尋ねると申請用紙を頂けます。
でも県の担当の方は超〜多忙の様です、
アポを取るなどしてから出向きましょう。

青森県の場合、申請書類は第14号様式(第2条関係)に成り、
それを住所地を所管する地域県民局地域農林水産部林業振興課へ提出します。
申請用紙は、こちらをクリック下さい。

その他の件はお住まいの県庁HPでお探し下さい。


Q4.
休猟の際も年会費は必要なのでしょうか?

答え
休猟の際は会費を頂戴していません、
狩猟税も結構な金額で毎年毎年の狩猟者登録はボディーブローの如くキツイです。
当クラブは楽しく狩猟をしたいがモットーなので無理な負担を生じさせません。


Q5.
狩猟の際にXX会に入っていないので弾の無許可譲り渡しが出ません、
その際はどうすれば良いのでしょうか?

答え
これを解決するにはチョットした裏技が有ります、
その答えは会員に成られた方のみに伝授いたします。


Q5.
罠などの狩猟者登録にもハンター保険は使えるのでしょうか?

答え
こちらには対応していません、
対応するのは、装薬銃(ライフル銃、散弾銃、空気銃)に限られます。

罠は施設賠償保険に成り個人でも加入が出来ます、
お近くの損保会社にお問い合わせ下さい。
取扱いが無い際は損保の本社へ問い合せると加入方法を教えてくれます。


Q6.
締切日に間に合わなかったのですが、
入会が出来てハンター保険に入れるでしょうか?

答え
入会も出来てハンター保険にも入れます。
しかし保険期間は9/1から始まりますのでその旨をご理解下さい、
<例>
9/30に入会した場合、
保険は9/1に始まっていますので保険期間が短くなります。
9/30からは始める事は出来ません。



Q7.
仮に入会した際、狩猟などは単独若しくは仲間だけでも出来るでしょうか?
また活動の必要性などは有るのでしょうか?

答え
当クラブと同行する必要は御座いませんので、
単独でも気の合う仲間などご自由にお出かけ下さい。
尚 その際は狩猟法など係る法規を厳守して下さい。

活動は会員それぞれが自然を愛し、法を遵守して頂く事に成ります。
狩猟は紳士のスポーツなので嘘や偽りは無いと当クラブは確信してます。