チェーンステッチの裾上げ

ビンテージ・ジーンズの裾詰めには「チェーンステッチ」が指定席のようです。
しかし、ジーンズショップでは、
殆どが職人ミシンなのでシングルでの裾上げです。

でも拘る方はチェーンステッチでの裾上げが必要不可欠で、
以前よりお問い合わせが有りました。
その様な声に応えるべきで、
弊店でもこの度チェーンステッチにミシンを導入しました。

チェーンステッチで裾上げしますと、
この様に成ります。


糸の色は、定番の金茶とキャメル色を2色をご用意しました。
糸の番数は30番です、太目の20番糸は不可です。

こちらが、金茶色の糸です、

こちらは、キャメル色の糸です、


尚 ミシンはユニオンスペシャルでは有りませんので、
ダブル縫いの部分は糸飛びが少しですが起こります。


日々の努力と勉強で糸飛びの解消努力をしてますが、
ミシンの限界でこれがベストの状態です。


しかし普段の着用には支障が有りません。
その為に完璧を求める方、神経質の方にはお答えが出来ません。

アメリカの様に寛大な心をお持ちの方にお願いします。

それから、ミシンの機種名などは企業秘密です、
真似したい方はご自分の力でお調べ下さい。


チェーンステッチでの裾上げの流れは、下記の通りです。
1.
ご注文の際は、糸の色指定を忘れずにお願います。

その際にクロネコでの送料が出て来ます、
これはシステムの関係でお安い送料の郵パックは表示されません。
尚 お支払いがペイメント(カード払い)の際は、クロネコの送料が適応されます、
普通郵便と郵パックはお使いに成れません。

お支払いで郵便振替を選択された方は、弊店よりお支払い金額をお知らせします。
その金額を郵便振替下さい。

現在は銀行から郵便局への送金も可能です、
但し手数料がややお高いです。

尚 郵貯に口座が有りますと、
郵貯→郵貯の振替(電信振替)料金は月5回まで無料です。

2.裾上げするジーンズに弊店に送る際の送料はお客様負担に成ります。
送る際は、綺麗な状態でお願いします、泥汚れが付いてますとミシンが壊れます。
ご協力お願いします。
それと、出来上がりの部分に印を付けて下さい。
ジーンズの裏側にチャコ(マジックでも可)などで書いて下さい。

股下何cmはトラブルの元です、これはお止め下さい。

3.出来上がりましたら速やかにお客様へお送りします。

それからお買い上げ金額が\13,000以上の際は、送料が\0に成ります。
色々な物をお買いに成って下さい。


お店への直接持ち込みも歓迎ですが、
翌日の仕上がりに成ります。